PBT方式 J-color検定優秀賞

J-colorでは、検定受験に向けて学習を積み重ねてこられた受験者、また、所属の受験者をサポートされている団体を讃えることを目的として、2017年度より各期検定試験において優秀な個人・団体を表彰いたします。


<個人>
各期の各検定各級において、優秀な成績を収めた受験者に対し、協会より賞が贈られます。

<団体>
各期において、総合的に優秀な成績を収めた団体に対し、協会より賞が贈られます。

 

■2017年度 夏期
<個人>
色彩活用ライフケアカラー検定3級
マツヤマ ミナミ さん

(学校法人 笹田学園 デザインテクノロジー専門学校)
⇒インタビュー内容はこちら
色彩活用ライフケアカラー検定2級
ゴトウ チハル さん

(一般受験)
⇒インタビュー内容はこちら
色彩活用パーソナルカラー検定3級
タナカ エミカ さん

(学校法人 愛泉学園 堺女子短期大学)
⇒インタビュー内容はこちら
色彩活用パーソナルカラー検定2級
キソ マキ さん

(一般受験)
⇒インタビュー内容はこちら
<団体>  *団体コード順
札幌ベルエポック美容専門学校 (色彩活用パーソナルカラー検定)
⇒インタビュー内容はこちら

国際トラベル・ホテル・ブライダル専門学校 (色彩活用パーソナルカラー検定)
⇒インタビュー内容はこちら


中日美容専門学校 (色彩活用パーソナルカラー検定)
⇒インタビュー内容はこちら

専門学校岡山ビジネスカレッジ (色彩活用ライフケアカラー検定)
⇒インタビュー内容はこちら



受賞インタビュー
色彩活用ライフケアカラー検定3級
マツヤマ ミナミ さん

(学校法人 笹田学園 デザインテクノロジー専門学校)

【受験動機】
色彩は、私たちの日常生活の様々なシーンに多大な影響を及ぼしています。身近なところでは、自分の感情を色で表現したり、毎日生活をしていく上で快適に過ごせるような工夫を色彩学を活用することで実践していくことができると思います。
また、ビジネスシーンにおける環境作りで色彩学が大いに活用されています。色彩学を極めていくことで、理論的に解明し、向上させることができればと考え取り組んでみました。
そして、将来は自分の仕事に活かしていければ幸いです。

【学習方法】
授業で学んだところを上手く活用するために、復習を兼ねて問題を解いていきました。
初めは全く分からなかった問題も、間違えたところを繰り返し再確認したり、教科書の用語を一つ一つ理解しながら読み進めて行ったことで、少しずつ答えがわかるようになってきました。

【活かし方】
卒業後はインテリア関係の仕事に就きたいと考えています。
そこで、今回学んだ配色方法や色の持つイメージ、性質などを上手に活かしてクライアントが望む空間を形にしていきたいです。
また、インテリアだけでなく、ファッションや食事の盛り付けの際にも色の組み合わせを考えながらコーディネートしていきたいと思います。
色彩活用ライフケアカラー検定2級
ゴトウ チハル さん

(一般受験)

【受験動機】
2年程前カルチャーセンターで田中菜々子先生(J-color認定講師)の色彩活用パーソナルカラーの講座を受講し、その時先生からライフケアカラー検定というものもあると教えて頂きました。
同じ頃自宅の引っ越しを終えたばかりで、新居の色使いに役立てばと思い始めました。

【学習方法】
引き続き田中先生の講座を受け、検定近くには問題も解いたりしました。
特にカラーカードの切り貼り問題は2級で初めての経験でしたので、日常生活でも目に入ってくる色の色相やトーンなどを考えてみるようにしました。

【活かし方】
ライフケアカラーで学べる"衣食住"の色使いのうち、今まではあまり関心のなかった"食"の色使いの効果をとても実感しています。
ライフケアカラーを勉強しているというと、同年代の友人はもちろん、親世代の年配の方や親戚の小中学生も必ず「面白そうだね」と興味を持ってくれます。
そういった方々に、自分の言葉で生活の中の色使いの楽しさを伝えていければと思います。
色彩活用パーソナルカラー検定3級
タナカ エミカ さん

(学校法人 愛泉学園 堺女子短期大学)

【受験動機】
勉強するからには検定試験を受け、資格を取得しようと思いました。

【学習方法】
学校の授業で配布された問題を時間のある限り解きました。
間違えた問題は覚えるまで何度も繰り返し解き、苦手な分野はテキストを理解できるまで読みました。

【活かし方】
今後、自分がより輝くために、また輝きたいと願う人たちのために活用していきたいです。
私はヘアメイクを学んでいますので、特にヘアカラーやメイクカラーの色選びや全体のカラーコーディネートをアドバイスして、たくさんの人の役に立ちたいと思います。

※堺女子短期大学では、学生がパーソナルカラーによる自分ブランディングをテーマにコミュニケーション能力を高め、生活や仕事の現場を豊かにする色彩について実践的に学ぶという目的で取り入れています。
色彩活用パーソナルカラー検定2級
キソ マキ さん

(一般受験)

【受験動機】
現在パートナーと共にライフプラン(生涯生活設計)教育に携わると共に、心と体のケアを目的としたカウンセリング治療院を営んでおります。
ライフプランセミナーにおいては一般の受講者の方に暮らしの中の色の活かし方や楽しさを提案し、治療院においては患者様のメンタルケアの一環として色彩を活用しています。
また、色彩教育にも従事しており、現在専門学校のホテルブライダル専攻クラスの色彩授業を担当しております。
来年度以降に色彩活用パーソナルカラー検定を生徒に受験させることを検討しておりますので、先ずは自分自身が体験してみようということで受験致しました。

【学習方法】
独学です。公式テキスト、問題集の熟読と演習を繰り返し行いました。また、補助資料として、新配色カード199、PCCSハーモニックカラーチャート201-L、慣用色名チャートなども参考にして学習しました。

【活かし方】
パーソナルカラーを4シーズンタイプに分類する以外に、本人の色素傾向に応じた似合う色の傾向を「色の三属性」に基づき体系化して理論展開されているので、大変理解しやすいと思いました。
画一的でなく、汎用性が高いので、より実践的な方法であると感じました。
PCCSを採用されているので、市販のカラーカードを活用しやすく、ツール作りも容易で、より実務に活かせると思いました。
私は既に色彩に関する仕事に従事しておりますが、これまでの学びや体験を見直し、さらに深める機会をいただきました。ありがとうございました。
 
 
札幌ベルエポック美容専門学校

(色彩活用パーソナルカラー検定)


【導入理由】
今までのパーソナルカラーの検定と違い、J-colorでのパーソナルカラー検定の内容は実践でも取り入れられることが多いと考え導入しました。

【活用目的】
美容やファッションの仕事をする上で、お客様への提案の幅を広げてもらいたいと思います。

【合格への取り組み】
ポイントを絞ったオリジナル資料の作成をし、また、試験前には模試を実施しました。

【受賞感想】
優秀賞をいただき驚いております。今後も受験者100%合格を目指し努力していきます。

  国際トラベル・ホテル・ブライダル専門学校
(色彩活用パーソナルカラー検定)


【導入理由】
ブライダル業界で求められるカラーコーディネートの基礎から応用までを実践的に学ぶ授業ということを目的に取り入れました。

【活用目的】
授業内で<プランニング><ブランディング>という方法を用い、考えていることをアウトプットしていますが、そういった能力は進むべき業界で必ず必要な分野です。
身に着けて、それぞれのフィールドで活かしてほしいです。

【合格への取り組み】
授業を受け持っていただいております色彩活用研究所の先生方に、毎週熱い授業をして頂いた賜物です。
全体へ向けた指導だけではなく、一人ひとりしっかりとケアして頂いた事が結果に結びついたと考えます。

【受賞感想】
後期では2級受験を予定しています。このような素晴らしい賞を頂けたことで、学生のモチベーションも上がっておりますし、これから入学を考えている高校生へも大きな影響を与えております。
引き続き後期も講師の先生方のお力をお借りし、取り組んで参りたいと思います。この度は誠に有難うございました。

  中日美容専門学校
(色彩活用パーソナルカラー検定)


【導入理由】
パーソナルカラー検定の中でもパーソナルアイデンティティ(パーツチェック)を取り入れ、より実践的に美容現場で活かせるとのことで検定実施となりました。

【活用目的】
美容室でのヘアカラー提案、お客様へのヘアー×ファッション×メイクとのトータルアドバイスに活かしてもらいたいです。
また、美容業界に携わる者として、お客様に常に見られているという視点からもトータルファッションの自信につながる為に知識を活かしてしてもらいたいです。

【合格への取り組み】
SNSを使い、いつでも質問できるチーム作りをしました。
授業の最初にクラスの人のファッションチェックからアンダートーン、4シーズンクイズを行うなどの工夫をしました。

【受賞感想】
必須受験ではないのにも関わらず、多くの生徒が興味を持ち3級に挑戦しました。
優秀団体賞を受賞した事により、上級の級への挑戦を目指す学生が増え学校全体で取り組む土台作りとなりました。

  専門学校岡山ビジネスカレッジ
(色彩活用ライフケアカラー検定)


【導入理由】
医療事務系では、色彩活用ライフケアカラー検定を取り入れています。
時代の流れの中で注目の「ライフスタイル」の充実に絞り込んだ内容であること、また、高齢化社会、少子化の現状にあった内容だったため取り入れました。
ファッション学科では、色彩活用パーソナルカラー検定を取り入れています。
3級では自分のP.I.を知り第一印象アップを目指すために、また、FAを目指すコースではリアルショップでの顧客満足の接客をするため、2級を取り入れています。

【活用目的】
3級:自分自身に取り入れ、第一印象アップと、心地良い生活にする。
2級:就職後、差別化した接客やアイディアで、リーダーを目指す。

【合格への取り組み】
色彩活用パーソナルカラー検定の授業は、早く自分を知り、自分のP.I.を活かしたファッションを理解できるように1年次からスタートしています。ドレーピングの実技を授業で行っていて、学生にとってはとても新鮮に感じるようです。大切さが理解できれば、「合格」に向えます。
また、対策問題を配布し、苦手を克服できるようにしています。

【受賞感想】
「カラーの楽しさや大切さ」を伝えることができたので、結果的に「合格」につながったと思います。
エントリーシートでのアピールやP.I.を活かしたコーディネートを理解しての就職活動は、自信となり、内定につながるはずです。
また、就職後には、満足度の高い接客ができ、仕事を楽しみ、売り上げに貢献できる人材になれると信じています。