パーソナルカラー検定

検定概要

「パーソナルカラー」とは?


「パーソナルカラー」とは、人間の持つ色素傾向(眼・肌・髪の色)にマッチした「似合う色」のことです。どんな色が似合うかはその人によって違います。「似合う色」を身につけると顔色がよくなり、活き活きとした表情に見え、「似合わない色」を身につけると顔色が悪く、元気がなく疲れた印象に見えてしまいます。
「パーソナルカラー」を上手に活用すると、自分の個性を活かしたイメージ演出ができるようになります。色で「自分ブランディング」して、外見の印象をコントロールできれば、コミュニケーション力&セルフプロモーション力が格段にアップします。


パーソナルカラーを「ビジネス」に活かす方法が学べる検定です! 


3級から1級のステップアップ方式で、パーソナルカラーをビジネスに活用するスキルが身につきます。

◇3級:色を戦略的に使いこなし、似合う色で「自分ブランディング」できる


◇2級:似合う色による「自分ブランディング」をアドバイスし提案できる
ファッション・美容・ブライダル・デザインなどの人と関わる仕事の
様々な場面で活躍できる


◇1級:色で新しいビジネスモデルを作る「コンサルタント」のスキルが身に
つく個人から企業までクライアントニーズに完全対応できる色のノウ
ハウで、ビジネスを成功に導く

*パーソナルカラーは、色の分類方法や判断基準が異なるいくつかの流派がありますが、J-colorではどの流派でも
  共通する理論を基礎から応用まで総合的に学ぶことができます。



検定試験概要



3級

2級

1級
受験資格 制限はありません。どなたでも受験できます。 色彩活用パーソナルカラー検定2級を取得された方。
受験料 5,000円 (税別) 8,000円 (税別) 15,000円 (税別)
試験時間 60分 80分 100分
試験方式 選択問題(マークシート) 選択問題(マークシート・配色) 選択問題(マークシート)
実技問題(記述・配色)
程度と内容 パーソナルカラーの基礎と色彩学 パーソナルカラーの応用と色彩学 パーソナルカラーの実践と色彩学
パーソナルカラーコンサルティングの方法論
パーソナルカラーとは何か、似合う色の見つけ方などの基礎知識の習得と似合う色を使った自己表現方法の理解。 3級の内容をふまえ、似合う色の判断基準となる色素の捉え方やTPO別コーディネート方法などの応用知識の習得と他者へのアドバイス方法と販売・サービス業での活用方法の理解。 3・2級の内容をふまえ、パーソナルカラーを色彩戦略のひとつとして捉えた様々な分野での活用と実践方法、クライアントへの提案などのコンサルティングスキルの理解と習得。
合格ライン 満点の70%前後。問題の難易度により多少変動します。
称号 パーソナルカラー活用アドバイザー パーソナルカラー活用コンサルタント
公式テキスト PERSONAL COLOR 3 PERSONAL COLOR 2 PERSONAL COLOR 1

試験は、紙版試験(PBT)とコンピューター版試験(CBT)の形式でも行っています。
※CBTは、色彩活用パーソナルカラー検定3級・2級を実施。

⇒詳細はこちら