PBT方式 J-color検定優秀賞

J-colorでは、検定受験に向けて学習を積み重ねてこられた受験者、また、所属の受験者をサポートされている団体を讃えることを目的として、2017年度より各期検定試験において優秀な個人・団体を表彰しています。


<個人>
各期の各検定各級において、優秀な成績を収めた受験者に対し、協会より賞が贈られます。

<団体>
各期において、総合的に優秀な成績を収めた団体に対し、協会より賞が贈られます。

■2018年度 冬期
<個人>
色彩活用ライフケアカラー検定3級
オザサ アキコ さん

(ボイスホビークラブ)
⇒インタビュー内容はこちら
色彩活用ライフケアカラー検定2級
ヤマネ ユキ さん

(ボイスホビークラブ)
⇒インタビュー内容はこちら
色彩活用ライフケアカラー検定1級
ミカワ マコ さん

(一般受験)
⇒インタビュー内容はこちら
色彩活用パーソナルカラー検定3級
フクダ サヤ さん
(一般受験)
⇒インタビュー内容はこちら
色彩活用パーソナルカラー検定2級
モチヅキ トモヨ さん
(長岡美容専門学校)
⇒インタビュー内容はこちら
色彩活用パーソナルカラー検定1級
カワムラ(アキヤマ) サトコ さん
(一般受験)
⇒インタビュー内容はこちら
<団体>  *団体コード順
学校法人原田学園 鹿児島キャリアデザイン専門学校 (色彩活用パーソナルカラー検定)
⇒インタビュー内容はこちら

学校法人愛泉学園 堺女子短期大学 (色彩活用パーソナルカラー検定)
⇒インタビュー内容はこちら

静岡県東部総合美容専門学校 (色彩活用パーソナルカラー検定)
⇒インタビュー内容はこちら

アイ エステティック専門学校 (色彩活用ライフケアカラー検定)

静岡産業技術専門学校 (色彩活用ライフケアカラー検定)
⇒インタビュー内容はこちら



受賞インタビュー
色彩活用ライフケアカラー検定3級
オザサ アキコ さん

(ボイスホビークラブ)

【受験動機】
主人の転勤でタイ駐在になり、何か形に残ることをしたいと思った時に、ボイスホビークラブで行われたJ-colorの無料説明会に参加し、これなら自分でも出来るかもと受験を決めました。

【学習方法】
テキストをよく読み、練習問題をきちんと解くようにしました。
途中からライフケアカラー2級と3級の同時受験を決めましたが、重複して出てくる部分も多かったので、頑張って良かったと思っています。

【活かし方】
毎日の生活の中で何気なく見ている色彩ですが、勉強していく中で
様々な意味があることを改めて強く感じました。
自分の得たものを家族や周りの人々にシェアしていけたらいいなと
考えています。
色彩活用ライフケアカラー検定2級
ヤマネ ユキ さん

(ボイスホビークラブ)

【受験動機】
趣味である刺繍を、色を学ぶことでもっと楽しみたいと思ったのがきっかけでした。
また、私自身と家族の生活に良い影響を与えられればと思い、受験を決めました。

【学習方法】
分からないことは必ず先生に確認すること、1日1回はカラーチップに触れること、苦手な箇所を把握し、それを克服できるよう繰り返し問題を解くことを心がけました。

【活かし方】
色を使って、生活がより健やかなものになるように、また彩りある日常を楽しめるように、私自身は勿論のこと、家族や友人など周囲の皆さんにアドバイスが出来ればと考えております。
色彩活用ライフケアカラー検定1級
ミカワ マコ さん

(一般受験)

【受験動機】
以前パーソナルカラー検定を受験した際にライフケアカラーの存在を知りました。
仕事上、お客様にカラー提案のひとつとして『似合う』だけではなく『色の機能』の必要性を感じることもあり、勉強してみよう!とはじめました。

【学習方法】
日程が合わず、対策講座を受講出来なかったので、公式テキストを読み込みました。
主に通勤時間を利用しての勉強でした。

【活かし方】
私はネイリストですので、毎日眺める爪先に『色の機能性』を取り入れ、お客様のニーズに合わせてより心地よく豊かな毎日を送っていただくお手伝いが出来るよう精進してまいります。
色彩活用パーソナルカラー検定3級
フクダ サヤ さん

(一般受験)

【受験動機】
前から色のことに興味があり、学校の授業で講座があったので受けました。

【学習方法】
教科書を繰り返し読んだり、苦手なところを集中的に勉強しました。

【活かし方】
趣味や生活の中などで活かしていきたいと思っています。
色彩活用パーソナルカラー検定2級
モチヅキ トモヨ さん

(長岡美容専門学校)

【受験動機】
これまで学校で取入れていた「色」の学びと違い、その人に合わせた色の学びができ、美容師養成施設として、お客さまをはじめ、自分自身を知る機会にもなるため、導入致しました。(長岡美容専門学校教員:日坂力也)

【学習方法】
必ず覚えたいところは、紙に書いて毎日見える所に貼っておきました。先生からのチェックポイントを、何度も読んだりボートにまとめました。検定試験が近づくと、過去問を解いたり問題集を使い、分からない所は先生に聞いて勉強しました。

【活かし方】
卒業後は、写真にもたくさん携わりたいと考えているので、お客さまの衣装や、小物選び、お着物の色合わせなど、その人に合ったアドバイスができるようになるなど、活かしていきたいと思います。
色彩活用パーソナルカラー検定1級
カワムラ(アキヤマ) サトコ さん

(一般受験)

【受験動機】
パーソナルカラーを学んだ先生がJ-color出身の方で、テキストを読んだときに理解しやすく、検定を受けなくても診断はできますが、より理論をしっかり身に付けて形に残したいと思い、受験しました。

【学習方法】
テキストをよく読み込んで、昨年2級を受けたときに購入した問題集をもう1度解きました。勉強期間が短かったのですが、2週間前に対策講座を受けたことで内容の理解が深まり、残りの検定までの期間は実技問題の対策に取り組むことが出来ました。

【活かし方】
ヘアメイクを長くやっており、メイクレッスンを始めたのを機にパーソナルカラー診断も取り入れました。
目で見て伝わることもありますが、言葉でわかりやすく伝えることの重要性を日々感じています。
情報が溢れているので、プロとして診断結果を正しく伝えるスキルは常に意識していきたいと思っています。
お客様にわかりやすく、色を楽しんでいただけるアドバイスができるように、大切なことはテキストを読み返して
確認したり、今後も学び続けていこうと思います。
 
学校法人原田学園 鹿児島キャリアデザイン専門学校
(色彩活用パーソナルカラー検定)

【導入理由】
ビューティ科の学生たちは、ブライダルやメイク、エステ等の業界へ就職します。
それぞれの業界において、お客様へのアドバイスに役立てられる実践的な知識と技術を身に付けられるよう、導入いたしました。

【活用目的】
ブライダル業界においては、衣装選びやブーケ、会場装飾等へ役立てるため、メイク業界はメイクアップ製品の色選びのアドバイスのため、エステ業界においてもよりお客様を輝かせるためのプラスアルファの知識として、それぞれに自信をもってアドバイスし、お客様から信頼を得られる人財になって欲しいと思います。また、そのためにもまずは自分自身のPI分析をしっかりと行い、普段からファッションやメイクなどに活用して自分自身の魅力アップに役立てて欲しいと思います。

【合格への取り組み】
全員のドレーピングを行い、パーソナルカラーのもたらす効果を実感してもらいました。そこから、まずは自分自身のシーズンへの理解を深め、他シーズンについても学ぶとともに、PCCSのカラーカードやメイク教材を活用して、色の違いを見分ける力を磨きました。

【受賞感想】
初の受験にして全員合格し、皆で喜んでいたところ、思いがけず優秀団体賞まで頂戴し、大変ありがたく思います。これから継続して受賞できるよう、今後も努力するとともに、知識だけでなく、確実に実践できる力が身に付くよう、授業内容の工夫を重ねてまいります。

 

学校法人愛泉学園 堺女子短期大学
(色彩活用パーソナルカラー検定)

【導入理由】
以前は、色彩能力検定を導入しておりました。
ですが、本学は美容系短期大学のため、『本当に役立ち、かつ美意識が向上する検定』を模索し続け、結果、J-color検定にたどり着き、導入させていただきました。

【活用目的】
J-color検定を導入している、ビューティーメイクコースメイククラス、ネイルクラスでは、施術の際のモデル(お客様)に合わせた色選びに大きく活用できると考えています。やはり、技術力はもちろんですが、色選びによって完成度の高さは変わってきます。彼女たちにとって、パーソナルカラーを習得することは、大きな武器につながると思っております。

【合格への取り組み】
指定テキストの解説が終わると、検定対策オリジナルプリント(学内で作成)で再度復習、まとめを行い、理解ができた時点で、過去問題を繰り返し反復解答していきました。一度間違えた問題でも、その都度、なぜこうなるか、という説明を行い、二度目には納得して正解できるという方法が、彼女たちには合ったのだと思います。
また、授業内では解説と答え合わせに集中できるよう、過去問題の解答は各自のホームワークとしました。

【受賞感想】
本年度前期開講『パーソナルカラー理論1』では、パーソナルカラー検定3級を約40名の学生が受験いたしました。そして後期開講『パーソナルカラー理論2』では、さらに上級を目指したいという約10名の学生が、またライフケアカラー3級も同時に受験し、本当によく頑張ったと、本学学生ではありますが、関心しております。

静岡県東部総合美容専門学校
(色彩活用パーソナルカラー検定)

【導入理由】
色彩の構成や効果などの知識を学ぶことでスタイリストを目指す学生の就職に活かしてほしいと取り入れました。
この知識は就職後、即戦力となれるだけではなく、ライフスタイルに活用できると思っています。

【活用目的】
自分らしくブランディングするだけではなく、美容師としてヘアカラー・ネイル・メイクなど、お客様にトータル的なアドバイスができるようにしてほしいです。

【合格への取り組み】
細かな解説をしたり、問題を繰り返し学習しました。また、4シーズンのカラーやメイクをワークで楽しみながら理解できるように工夫しました。


【受賞感想】
思いがけずこのようなすばらしい賞をいただきありがとうございました。
夏期に受験した3級の検定の基礎知識の上に学生たちの努力の結果が今回の賞に結びついたものと思っています。
学生たちの自信につながりとてもうれしく思います。
今後も学生たちとともに努力していきたいです。
 

静岡産業技術専門学校
(色彩活用ライフケアカラー検定)



【導入理由】
静岡産業技術専門学校では、医療事務科及びコンピュータ科にて、ライフケアカラー検定を授業に取り入れております。
医療機関やオフィスで、緊張している患者さまやお客様の気持ちを和らげる色の使い方などを身につけることで社会でも役立つと考え導入しています。

【活用目的】
色の知識はさまざまな場面で役立ちます。毎日のオフィスでのファッションコーディネートやメイクに活かしたり、オフィスのポイントとなるインテリアコーディネートにも活かしたりできます。
また、様々なビジネスシーンで作られる企画書やプレゼンなど資料の配色にも色の知識が活かせると考えています。
もちろん、医療機関の待合室で緊張している患者さまの気持ちを和らげる効果を期待できると考えています。

【合格への取り組み】
J-color認定講師の授業によって、独学では得られない色彩学への理解力、応用力を学びました。


【受賞感想】
学校としても、大変喜ばしく思います。
色に注目する学生も増え、医療事務科の卒業研究では「カラーセラピー」について研究の一部として取り上げるグループもありました。
これは、合格に向けてというよりは、ライフカラーという授業や試験に出会ったからこそ学生が興味を抱いたテーマだと考えます。
ライフカラーを学ぶことが学生にとってとても良い刺激になっている様子です。
ありがとうございました。