PBT方式 J-color検定優秀賞

J-colorでは、検定受験に向けて学習を積み重ねてこられた受験者、また、所属の受験者をサポートされている団体を讃えることを目的として、2017年度より各期検定試験において優秀な個人・団体を表彰しています。


<個人>
各期の各検定各級において、優秀な成績を収めた受験者に対し、協会より賞が贈られます。

<団体>
各期において、総合的に優秀な成績を収めた団体に対し、協会より賞が贈られます。

■2019年度 冬期
<個人>
色彩活用ライフケアカラー検定3級
イシカワ レイナ さん

(静岡産業技術専門学校)
⇒インタビュー内容はこちら
色彩活用ライフケアカラー検定3級
マツオ ヨシヒロ さん

(個人)
色彩活用ライフケアカラー検定2級
ナカガワ レナ さん

(クラーク記念国際高等学校 名古屋キャンパス)
色彩活用ライフケアカラー検定1級
ムラオカ エリ さん

(ボイスホビークラブ VOICE(Thailand)Co.,ltd)
色彩活用パーソナルカラー検定3級
イトウ ミナミ さん
(岩谷学園アーティスティックB横浜美容専門学校)
色彩活用パーソナルカラー検定2級
フルヤ マサエ さん
(個人)
色彩活用パーソナルカラー検定1級
イシカワ イヅミ さん
(個人)
⇒インタビュー内容はこちら
<団体>  *団体コード順
住田美容専門学校 (色彩活用パーソナルカラー検定)

豊田大谷高校 (色彩活用パーソナルカラー検定)
⇒インタビュー内容はこちら

学校法人藤井学園 ル・トーア東亜美容専門学校 (色彩活用パーソナルカラー検定)

専修学校 ビューティーモードカレッジ (色彩活用パーソナルカラー検定)

SPIRAL COLOR SALON (色彩活用パーソナルカラー検定)
⇒インタビュー内容はこちら



受賞インタビュー
色彩活用ライフケアカラー検定3級
イシカワ レイナ さん
(静岡産業技術専門学校)


【受験動機】
受験のきっかけは、学校の授業でした。私の趣味は絵を描く事で、仕事上だけでなく、この趣味にも活かせると思い、受験しました。
学んでいくうちに、日常生活の様々なシーンにまた、専門に学んでいる医療の中でも活かしていけるのではないか?と考え、より積極的に学べるようになりました。

【学習方法】
過去問を解き、間違えた所・間違えやすいところを中心に復習・確認し、不安な所を無くしていきました。

【活かし方】
趣味の他に、ライフケアカラーで学んだ色のもたらす効果を仕事先でもぜひ活かせればと思っています。
具体的には、病院の待合室などでは、緊張している患者様の気持ちを和らげる効果が期待出来るのでは?と考えています。

色彩活用パーソナルカラー検定1級
イシカワ イヅミ さん
(個人)


【受験動機】
パーソナルカラー診断を受けた際に疑問に思った箇所があり、自分自身がパーソナルカラーへの知識を深めることでその疑問点を解決できるのではと考え、検定を探していました。色彩活用パーソナルカラー検定はよくある4シーズンでの分類ではなく、色相・明度・彩度の3属性でパーソナルカラーを捉えて学習できるところに魅力を感じました。

【学習方法】
公式テキストを何度も読み、理解を深めました。慣用色名を覚える際はトーンマップと照らし合わせて覚えることでどのような色なのかが頭に浮かぶようにしました。1級は公式問題集がなく出題傾向が分からなかったため、J-color主催の直前対策講座にも参加しました。試験に対しての不安が解消され、より一層合格に近づいたと自信を持つことができました。

【活かし方】
試験に向けて勉強していく中で職業としてのパーソナルカラーコンサルタントに興味を持ち始めました。今回、勉強の成果が実り、優秀賞をいただくことができましたので、色彩の知識を活用した仕事に就くことも検討したいと考えております。世の中の人々が自分の魅力を発見できるよう、その人それぞれに寄り添った提案を目指し、日々研鑽を積んで参ります。

 
 

豊田大谷高校
(色彩活用パーソナルカラー検定)

【導入理由】
当校には生活文化コースがあり、生活の中に深く関わる衣・食・住について学んでいます。
その中で、「色」というキーワードは欠かせないものであり授業を行い始めました。学生たちの興味も深く、進学・就職の際に有利な資格取得となる検定にも取り組んでいきました。

【活用目的】
色の効果は様々なところに溢れています。学生たちが何気なく眺めているものには意味が(色の効果)あるのだと気づき、生活の中に活かして欲しいと思います。

【合格への取り組み】
定期試験において、学んだことを地道にコツコツ積み上げていきました。


【受賞感想】
大学生や社会人が多く受験する検定を取得するのは、高校生2年生にとってはハードルが高いのではないかと思いましたが、多くの学生が合格できたことは、学生たちの自信につながったのではないかと嬉しく思っております。

 

SPIRAL COLOR SALON
(色彩活用パーソナルカラー検定)




【導入理由】
Spiral color salonはバンコクを拠点にホーチミン、ジャカルタ、台北などの海外でカラーセミナーやカラーリスト育成の講座を開催しております。J-colorの検定は受講生の皆様にどの程度まで理論が習得できたのかの目安にもなり、資格を取得することで、それぞれの自信にも繋がり、今後、カラーを仕事としての取り組む為にも非常に有効になると考えました。
また、テキストの内容なども効率よくまとめられていて、わかりやすく、受講生のスキル向上に効果的であると思いました。こちらの協会の代表理事はカラー業界では非常に活躍されていて尊敬できる方でもあるからです。

【活用目的】
Spiral color salonでは、実践力を高めるトレーニングに重きを置いています。
検定での内容を実際にドレーピングの時のトークやお客様に対する適切なアドバイスなどに活かせると考えてます。また、1級では実技試験の内容がリアルにコンサルタントとしてのアドバイススキル向上に役立ちましたので、受講生の皆様にはさらに似合う色を見極める力を実践で日々磨いて欲しいと思います。そして、素晴らしいカラーリストとして世の中の人々をカラーで魅力的に輝かせ、喜ばれる人材になって頂きたいと思います。

【合格への取り組み】
特に1級は難易度が高いので、出題傾向の高い問題や実技の部分は繰り返し添削を個別にラインなどで何度もやり取りをしたり、夜中までかかって添削したり質問に対応したり個別指導にも熱心に取り組みました。
途中、頑張りすぎて寝不足になったりもしましたが、(笑)今となっては良い思い出です。


【受賞感想】
まさか!と驚きましたが、大変嬉しく、また今後の励みにもなりました。受講生の方々の頑張りに感謝いたします。これからもワールドワイドに1人でも多くの活躍できるカラーリストの育成に全力を尽くしていきたいと思います。