一般社団法人 日本カラーコーディネーター協会[J-color]

一般社団法人日本カラーコーディネーター協会

AboutJ-color検定優秀賞

J-colorでは、検定受験に向けて学習を積み重ねてこられた受験者、また、所属の受験者をサポートされている団体を讃えることを目的として、2017年度より各期検定試験において優秀な個人・団体を表彰しています。

<個人>
各期の各検定各級において、優秀な成績を収めた受験者に対し、協会より賞が贈られます。

<団体>
各期において、総合的に優秀な成績を収めた団体に対し、協会より賞が贈られます。

2021年度夏

■個人検定優秀賞

色彩活用パーソナルカラー検定3級
ブィティ ギア(BUI THI NGHIA)さん

(SPIRAL COLOR SALON)


色彩活用パーソナルカラー検定2級
アラキ マアヤさん

(住田美容専門学校)

■受験動機

色彩の授業が楽しくてもっと極めたいと思ったことがきっかけです!

■学習方法

テキストを読みこんで自分なりにルーズリーフなどにまとめてから過去問題を解きました。
書く事は1番暗記に繋がります!分からなかったところ、曖昧なところはテキストを読み返して徹底的に分からないを無くしました!

■活かし方

私はヘアカラーで有名な美容師になりたいという夢があるので配色や混色の際に活用していきます!

色彩活用パーソナルカラー検定1級
タガワ アユミさん

(個人)

■受験動機

タイのバンコク在住中にSPIRAL COLOR SALONの田岡道子先生のパーソナルカラースタイリスト養成講座に参加して、パーソナルカラー検定2級の取得をしたのが初めのきっかけです。以前から美術やファッションが好きだったので、教科書の内容が興味深く、試験勉強も講座の友達と一緒に出来て楽しかったので、1級まで受検したいと思いました。。

■学習方法

今回の色彩活用パーソナルカラー検定1 級試験の学習を始める頃にはタイから日本に帰国していましたので、SPIRAL COLOR SALONの色彩活用パーソナルカラー検定1 級対策講座をオンラインで受講しました。その講座の中で、教科書の重要ポイントを学び、試験の選択問題、実技問題の対策をしました。特に解答に幅のある実技問題については、例題の解答を田岡先生に添削していただいたり、講座の友達とお互いの解答をLINEでシェアしたりしながら学習しました。自主学習としては、各シーズンのカラーパレットがしっかりと自分のものになるように慣用色名を暗記したり、過去問に取り組んだりしました。

■活かし方

パーソナルカラーの手法を使って、ファッション、ヘアカラー、メイク、インテリア、プロダクトはもちろん、何気ない自然の風景など、目にするものの様々な色を分析して、色彩感覚を磨いていきたいです。
パーソナルカラーをビジネスに活かすには、似合う色の正確な診断が出来ることが必要不可欠だと思います。正確な診断が出来るようになるように、学んだ内容を知識として活かし、実地経験やアウトプットする機会を数多く持っていきたいです。


■団体検定優秀賞

色彩活用パーソナルカラー検定
静岡県美容専門学校

■導入理由

合格率が高く生徒のやる気に繋がりやすく、解答が明確な問題が多く肌や髪の色についても記載があり美容業界で役に立てる検定だと思い取り入れました。

■活用目的

本校は美容専門学校なので卒業後の美容業界で、学んだ知識や感性を発揮して喜ばれる社会人になってもらいたいと思います。

■合格への取り組み

小テストを作成し繰り返し行いました。その結果、誤解答をする箇所を見つけ合格することを目指しました。

■受賞感想

今年もこのような優秀団体賞をありがとうございました。頂けるとは思ってもいませんでした。個々の学生の努力が団体賞の受賞につながったことと思います。


色彩活用パーソナルカラー検定
学校法人 青丹学園 ヴェールルージュ美容専門学校

■活用目的

パーソナルカラー授業や検定受験で得た知識を活用し、自信をもってお客様の要望に応じた提案ができるようになってほしいと思います。また、色の学習を通じて感性を磨き、自身の作品作りに役立ててもらいたいです。

■合格への取り組み

検定の受験を希望する学生には通常授業に加えて、検定対策授業を実施しました。

■受賞感想

講師の先生から学生一人一人に親身にご指導頂いた結果、優秀団体賞という立派な賞を頂くことができ、大変嬉しく思います。ありがとうございます。

色彩活用パーソナルカラー検定
名古屋文化短期大学

 

■導入理由

ファッションを学ぶ学生にとってパーソナルカラーは基礎知識であり、パーソナルカラー検定は必須だと思っています。その中でも、J-color検定は、PCCSで学べ、問題集も充実していましたので、J-color検定を取り入れることにしました。

■活用目的

販売の接客、ブライダルのプラン、ネイルやメイクなどのカラーコーディネートなど、活かせる場は多岐にわたると思います。

■合格への取り組み

色彩の基礎をしっかりと習得してもらうため解らないところは何度も説明したり、4シーズンのイメージを体感できるようコラージュ製作や、実際にカラードレープを使ってクラスメイトのカラー診断に取り組んだことでしょうか。

■受賞感想

優秀団体賞に選んでいただいて光栄ですが、学生さんが努力された結果だと思います。色彩を学ぶことは学生にとって、とても楽しく将来に活かせる学習だと思いますので、後輩たちの刺激になるといいですね。